採用情報

転職者インタビュー

IT業界に入って10年後、自身のキャリアアップをはかるべく、システムサーバーへ入社。現在は自動車販売店向けシステムのプロジェクトリーダーとして、多くの部下を率いてシステム環境維持をメインとしてシステム運用管理も行っている。

自分次第でどこまでも成長できる会社

私は、前職もシステム運用業務に携わっており、日々業務をこなし安定した環境で働いていました。ですが、ふとあるとき、今まで自分がスキルアップやキャリアアップという意識を持たずに来たことに対して、強い危機感を感じたのです。次第に、このままではいけない、という気持ちが大きくなり、自らをより厳しい環境に置くために転職を決意しました。

そんなとき、今の会社に出会い、面接で言われた「やる気がある人には成長の機会を得られるよい環境だが、やる気がない人にはやることが多くて厳しい会社」という言葉がとても印象的で入社を決めました。入社後は、まさにその言葉どおりで、この6年半はそれまで経験してこなかったことの連続でしたが、部下を持ち多くの新しい経験を経て、これまで以上に自分自身の成長を実感できる非常に濃厚な時間になりました。

今は会社の規模が大きくなり、「人を育てる」ということが以前にも増して重要となっています。個々のスキルだけでなく組織としても強くなるために、上司としての役割は非常に重いと感じていますが、部下の信頼を得て良い手本になれるよう、いっそう自己のスキルアップにも励んでいきたいと思います。

部下の成長が一番のやりがいに

今私は、部下を持ち彼らを指導する立場にあります。新人のうちから全てを完璧にこなせる人はそういませんから、まず自分に出来ることを一生懸命に取り組む姿は見ていてとても気持ちの良いものです。そんな彼らの成長を直に感じられたときは喜びもひとしおですね。

ですが、喜びを感じると同時に、上司として自らの評価が部下の成長を左右するということに大きな責任も感じています。部下を持つ立場であれば同じように悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その点当社には「成長シート」というツールがあり、事前に「何をどのように評価するのか」という評価基準が明示され、いわゆる「見える化」が徹底されているので助かっている部分も多いと思っています。上司と部下が共通の基準を持っているので目標設定や評価が効率的かつ効果的に行えるんですよ。評価される側にとっても自分の頑張りが正しく評価されることは大きな自信に繋がり、その自信が更なる成長への糧となるのではないかと思います。

このページトップへ