採用情報

新卒採用 システム開発の仕事の流れ

要件定義・システム企画

各企業が抱える業務の問題点や、作業効率の改善を文書化し、提案します。
お客様との打ち合わせの他、業務資料やインタビュー等で現状を分析。予算・スケジュールを含め、新業務フローを作成します。ヒアリング力が求められる為、能力の高いSEが行います。

基本設計

画面や帳票等のお客様の目に見えるところの設計や、データベース、入出力ファイルのレイアウトを設計、ジョブの一覧定義をします。
システム構造の基盤の設計となりますので、開発工程すべてに影響します。また、お客様からの評価は、画面・帳票の使い勝手で決まると言っても過言ではありません。SE、規模・システムの難易度によっては能力の高いSEが担当します。

詳細設計

画面の表示、帳票の出力を行うために必要なシステムを、機能単位で設計します。
画面・ファイル・データベースのかみ合わせや、拡張性を考慮した設計が大切です。
また、画面以外にも裏側で動くプログラム(バッチ・ジョブ)についても、この工程で設計します。

プログラム指示書

詳細設計書から、実際にプログラムを作成するための指示書です。
見ればそのままプログラム出来るレベルまで指示する工程です。
後工程の不具合発生が絶対に許されないジョブ・バッチでは、この指示書も厳しくチェックされます。画面があるシステムについては、この指示書が無い場合が多く、その場合は詳細設計書を基にプログラム作成を行います。

プログラム作成

詳細設計書を見ながらプログラムを作成します。
変数・関数名の命名ルール等が決められている場合がほとんどなので、技術も大事ですが、同じぐらいルールに準拠することも大切です。

単体テスト

プログラム指示書、無ければ詳細設計書の内容通りに実装されていることを確認するテスト工程です。
この工程で、機能単体の不具合を全て解消できないと、後工程に影響が出る為、非常に重要な工程です。

結合テスト

機能全体が一つのシステムとして正常に稼働しているかを検証する工程です。
主に、一つの機能が出力・設定した情報を、他の機能で正常に読み込めるか、等の機能と機能の接合部に着目して検証します。

システムテスト

大量データを投入して読み込む負荷テストや、本番に近いデータを投入して、表示の見切れ、パフォーマンスの最終確認や、環境面も場合によってはお客様にハードウェアを借りて環境依存の問題が無いかチェックします。

運用テスト

納品後、実際にお客様に使用していただいている業務の中で、運用の確認をします。
システムの企画・提案を行った者が、最終的なチェック及び、お客様のサポートをします。

このページトップへ